ITコンソーシアム京都(富田眞治会長)、京都放送(KBS京都、中澤隆司社長)、エフエム京都(FM京都、吉田進社長)、京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)、KDDI(小野寺正社長兼会長)の5社は10月10日、共同で10月18日、19日に京都の東映太秦映画村で開催される「太秦戦国祭り」において、スポットワンセグサービスの実験を実施すると発表した。

 この実験は、「太秦戦国祭り」にちなんだオリジナル映像を、実験局を設置した東映太秦映画村と、東京・秋葉原DearStage DEMPAビル店の2拠点で同時に放映するもの。KDDIが開発した「ワンセグ・IP/RF変換技術」を用いて、IPネットワーク経由で送付したワンセグ放送ファイルを地上デジタル放送規格に準拠したワンセグ信号へ変換し、遠隔地の秋葉原で同時提供を実現する。

 同技術によって、東映太秦映画村と秋葉原を相互リンクし、「太秦戦国祭り」のイベント情報を受信する待受アプリと連動させることで、スポットワンセグサービスへのアクセシビリティを向上させ、同サービスのイベントツールとしての有用性を検証する。

 実験の実施にあたる各社の担当は、ITコンソーシアム京都が京都での実験の企画・コーディネート、KBS京都とFM京都が京都での技術サポート、KCCSがシステム全体の技術開発・運営、KDDIが遠隔地におけるIP/RF変換技術の提供など。また、コンテンツ提供でつくばテレビ、実験イベント会場の提供で東映太秦映画村とDearStage DEMPAビル店がそれぞれ協力する。

 さらに、この実験に連動して、10月12日から19日まで、KCCSの「スポットワン」サービスを通じて一般向けにワンセグ対応携帯電話によるスポットワンセグサービスの視聴実験も行う。実験参加者は、自分のワンセグ対応携帯電話を使って、実験会場となる東映太秦映画村と秋葉原でしか見られない専用番組を視聴できる。