キヤノンITソリューションズ(武井尭社長)は、パフォーマンス向上機能を搭載したPOP型スパムメール対策アプライアンス「SpamChecker(スパムチェッカー)」の新版を11月4日に発売した。

 「SpamChecker」は、トランスペアレントモード(透過モード)で動作することで、従来導入が難しかったSOHOや小規模企業でも容易に導入できるPOP型スパムメール対策アプライアンス。新版では、パフォーマンス向上機能「Smart Pre-Scan」を新たに搭載。クライアントからのメール受信要求に含まれるアカウント情報を自動でキャッシュし、SpamChecker本体が定期的にメールサーバーから電子メールを受信し、スパムメール検査を行うことで、クライアントは検査が完了した電子メールを受信することが可能となる。

 また、SpamCheckerがあらかじめ電子メールを受信する際に、メールサーバーに対してメール削除要求を行わないため、万が一SpamCheckerに障害が発生しても電子メールの紛失を防ぐことができる。

 税別価格は、「SpamChecker 50」(50ユーザー)が25万円、「SpamChecker 100」(100ユーザー)が35万円。次年度保守料は、「SpamChecker 50」が10万円、「SpamChecker 100」が14万円。なお、同社では、12月26日までの期間限定で、「SpamChecker 50」を特別キャンペーン価格の19万8000円で提供する。