ディアイティ(下村正洋社長)は、SSHコミュニケーションズ・セキュリティ(SSH)の通信ソフト「SSH Tectiaシリーズ」の新タイトルとして「SSH Tectia Server for Linux on IBM System z」を12月1日に発売する。

 「SSH Tectiaシリーズ」は、調達基準「FIPS 140-2」認定を取得する通信ソフト。新タイトルでは、仮想化環境でも動作する「Linux on IBM System z」上でデータの暗号化や、安全なファイル転送を実現するという。

 従来のWindows、UNIX、Linux、IBM z/OSのサポートに加え、「Linux on IBM System z」に対応したことで、さまざまなOSや仮想化環境が混在するシステムでも利用できるようにした。ITインフラやアプリケーション構成に変更しなくても導入できる。

 税別価格はオープンで、参考価格は180万円から。同社では、IBM製メインフレームを導入している企業や研究機関などをターゲットに、初年度100ライセンスの販売を見込んでいる。