東芝は3月18日、6月下旬に開催予定の定時株主総会終了後、佐々木則夫副社長が社長に昇格し、西田厚聡社長は会長に就任する人事を発表した。

 今回の人事は、同日開催した指名委員会で策定され、同じく同日の取締役会で決定したもの。佐々木氏は原子力発電事業が長く、電子力事業部長、電力社会システム社社長などを歴任した。

 選定に伴い、取締役会長の岡村正は相談役に、西田社長は代表権のない会長に、それぞれ就任する。