日本事務器(NJC、田中啓一社長)は、健診業務支援の新総合健康管理システム「CARNAS(カルナス)」を4月1日に発売する。

 「CARNAS」は、特定健診・特定保健指導制度の対応システムとして第二弾製品。健診システム「HI-net/21」の後継システムで、定期健診や人間ドック、施設内および巡回健診など幅広い健診業務の効率化を支援する。

 また、医療保険者や受診者個人向けの情報・サービスの品質向上を支援するソリューションも提供する考えで、全国の健診機関向けに3年間で120システムの販売を計画する。