民間調査会社のガートナージャパンは4月1日、米本社のガートナーが調べた全世界クラウドサービス売上高規模予測を発表した。

 調査によると、09年のクラウドサービスは前年比21.3%増の563億ドル(約5兆5200億円)に達すると予測。その後も着実に伸長し、13年には1501億ドル(約14兆7000億円)規模に成長するとみた。米ガートナー幹部はその理由について、「今後2-3年間のITトレンドは不透明で、短期的な成長が難しい。クラウドサービスの低コストはユーザーにとって魅力で成長を後押しする」としている。

 また、担当者はこうも指摘している。「クラウドコンピューティングといえば、ほとんどの場合はサービスとして提供されるシステムインフラを中心に議論されているが、この分野は市場の初期段階にある。08年にこれらのサービスがクラウド・サービス市場全体に占める割合は5.5%の25億ドルにすぎなく、09年も6%程の32億程度」と指摘する。

 ただ、そのうえで「中期的にみればインフラサービスは飛躍的に普及するだろう。大手アウトソーシングベンダーと顧客がどれほど積極的にクラウドコンピューティングを採用するかによるが、おそらくこのセグメントは最も大きな成長の可能性を持っている」。

 なお、米ガートナーではクラウドコンピューティングの定義を「スケーラブルな(拡張性の高い)IT機能や情報をインターネットを介しサービスとして多数顧客に提供する形態」としている。