ぷらっとホーム(鈴木友康社長)は、手のひらサイズの小型Linuxサーバーの新モデル「OpenBlockS 600」を発売した。

 CPUクロックは600MHz、メインメモリは1GBの小型Linuxサーバー。耐熱性を向上させ、周辺温度55度の環境でも安定稼働するほか、半密閉構造で高い耐塵性を持つことを特徴とした。

 また、新機能「アプリケーションマネージャ」を活用することで、GUIで容易に各アプリケーションをインストールできるようにした。ユーザー企業・団体は、専門知識がなくても、迅速・容易にサーバーの運用を開始できる。価格は5万9800円。出荷開始は9月を予定している。