OSK(宇佐美愼治社長)は、統合型グループウェア「eValue NS」のアドオンツール第一弾として「Microsoft Office SharePoint Server 2007」(SharePoint)のWebパーツギャラリーとの連携構築ツール「Webパーツギャラリー エントリーツール」を6月22日から無料で提供開始した。

 「Webパーツギャラリー エントリーツール」は、スケジューラ機能、施設予約機能、ワークフロー機能、ドキュメント管理機能など、統合型グループウェア「eValue NS」が提供する全55種類のWebパーツを、SharePointが提供するWebパーツギャラリーへ簡単に登録できるツール。SharePoint環境に、同ツールと「eValue NS」を組み合わせて利用することで、SharePointの標準機能だけでは実現できない機能を組み込むことができ、企業にとって利便性の高いポータルサイトを時間をかけず簡単に構築することが可能となる。

 今後OSKでは、「eValue NS アドオンツール」をシリーズ化し、付加価値の高い環境を提供していく予定。