ワコム(山田正彦社長)とシステム・テクノロジー・アイ(松岡秀紀社長)は、協業しペンタブレットと電子教材配信システムを組み合わせたペーパーレス研修システムを共同で販売開始した。

 紙文書を活用せずに電子教材を活用した研修を展開できるのが特徴。講師と受講者に配置したペンタブレットに電子教材を表示し、教材に専用ペンで解説や図形、注意書きやメモなどを書き込んで、その情報をリアルタイムで共有できる。

 紙文書を活用しなくても、効率的に分かりやすく講義できるという。システム・テクノロジー・アイの電子教材配信システム「iStudy Viewer」と、ワコムが開発・販売する液晶ペンタブレットを組み合わせて開発した。

 電子教材を活用した講義や学習の需要が強い一般般企業や教育機関などを対象に発売後、1年間で10案件の受注を目指す。なお、システム・テクノロジー・アイは販売だけでなく、8月下旬には自社で展開する教育事業でも同システムを活用する計画。