日本システムウエア(NSW、多田修人会長兼社長)は、仮想化技術を利用したホスティングサービス「BlueSpider」を9月に開始する。

 仮想環境のリソース使用・監視・運用までを提供するサービスで、同社のアウトソーシングやSIノウハウを生かす。セキュリティ対策の充実と、高信頼の仮想ホスティングが特徴という。

 また、仮想環境へのホスティングに加え、オプションでバックアップやマイグレーション、監視、インターネット接続などさまざまなサービスを用意した。利用料金は、最小構成でサーバー1台あたり月額13万円から。09年度で20社への販売を目標としている。