応研(原田明治代表取締役)は8月20日、人事管理ソフト「人事大臣NX」を8月24日に発売すると発表した。

 「人事大臣NX」は、今までのパッケージソフトにはない自由度や柔軟なカスタマイズ性を備えていることが特徴。とくに、社員管理項目については、一般的な管理項目(氏名・生年月日・性別など)だけでなく、独自の項目を最大999項目(システムで予約されている項目も含む)まで設定することができる。また、時系列履歴系の管理データや、任意のサブマスターといったものまで自由に設計可能。さらに、それらを使いやすく反映させた社員登録画面も自由に設計できるため、ニーズにフィットした管理項目を実現することができる。

 このほか、一覧表や構成表、推移表といった種類の帳票を自由に作り上げることができる「帳票自由設計」、複数の辞令案を登録し、それぞれが実際に発令されたと仮定して組織図や帳票を見ることができる「異動発令」、労働条件通知書や退職証明書の作成・発行機能などを搭載している。

 「給与大臣NX」の社員データと連携することが可能で、「人事大臣NX」側で管理している社員情報・家族情報・所属情報・役職情報・単価情報といった情報を「給与大臣NX」側の社員情報に反映させたり、逆に「給与大臣NX」から社員の年収データといった情報を取り込むこともできる。

 価格は、「人事大臣NX スタンドアロン」が31万5000円から、「人事大臣NX ピア・ツー・ピア」が73万5000円から。「人事大臣NX ERP」はオープンプライス。