日本セキュアジェネレーション(日本セキュア、秋葉茂隆社長)は、個人認証のシングルサインオンソフトウェア「SecuMAPSA」を9月7日に発売する。

 特定のWebサイトやサーバーへのアクセスで、毎回パスワードを入力しなくてもログオンが可能なシングルサインオン機能を搭載。シングルサインオンで対応できないシステムへのログオンでも、ID・パスワードをID手帳に登録しID手帳からドラッグ&ドロップすることで対応できる。

 そのほか、アクセスのたびに認証を求めるセキュリティポリシーが設定できる高セキュリティモードを提供。多要素認証ログオン、ログの取得などの機能も備える。

 スタンドアロン環境や部門ごとの小規模環境で導入したいという顧客からの要求に応えた。「SecuMAP」サーバーを必要としないシングルサインオン機能とアカウント管理システムを提供する。価格は7350円(1ライセンス)で、5ライセンスから販売する。