aeコミュニケーションズ(栢野正典社長)は8月27日、HD対応のテレビ会議システム「aethra Xtreme(アエスラ エクストリーム)300」を9月28日に発売すると発表した。税別価格は124万7000円。

 「aethra Xtreme300」は、標準で720p、ソフトウェアオプションで1080pのフルHD映像に対応し、会議参加者のちょっとした表情や図面やサンプル品などの細かい部分までクリアに確認できる。音声は、最新のワイドバンド音声符号化方式のG.719を搭載しており、20kHzの自然で聞き取りやすい音声を実現している。H.239を利用することで、通信先と共有するPC画面の解像度もフルHDに対応し、HDMIに対応しないPCのためにはDVI-I端子も用意している。

 また、内蔵MCU(多地点接続)オプションを加えることにより、業界最多の9拠点同時接続が可能。内蔵多地点会議もHD画質で行うことができ、業界で初めてHD画質での画面分割表示にも対応した。

 スタイリッシュな外観および一新したグラフィックユーザーインターフェイス(GUI)は、世界的に活躍するイタリアのプロダクトデザイナー、パオロ・ヴィラ氏がトータルデザインを担当。見た目だけでなく使いやすさを追求したリモコンとGUIの統合デザインにより、明確で直感的に操作できるようになっている。