IDC Japan(竹内正人代表取締役)は9月24日、国内ストレージソリューション市場の09年見込みと13年までの成長予測値を発表した。

 同社が定める市場規模は、ハードとソフトおよびサービスを含めた数値。09年の売り上げは、前年比4.5%減の6079億1300万円とし、2年連続のマイナス成長となる見通しを立てた。ただ、13年までの年平均成長率(CAGR)は1.2%増とプラス成長を見込んでいる。

 09年は、5年ぶりのマイナス成長に終わった08年に引き続き、前年を下回る結果とした。ハード販売の低迷を主な要因にみているが、ソフトも前年に比べて若干落ち込むと見通しを立てた。

 ただ、長期的には、10年後半から11年にかけて回復に転じるとしており、11年以降に08年時と同レベルの市場規模に達するとみている。13年までのCAGRをセグメント別でみると、ハードが1.3%減、ソフトが4.2%増、サービスが3.8%増。

 高松亜由智・ストレージシステムズマーケットアナリストは「一時的なコスト削減を目的に、古いシステムを延命して人力でまかなうケースや、初期投資が安価でローテクノロジーの製品を選択する傾向が強い。ITベンダーは、適切なインフラ改善のサイクルに戻す支援を行わねばならない」と分析している。