JBCCホールディングス(石黒和義社長)は、顧客やパートナー企業と共同でクラウド技術を評価・検証する「クラウド・インテグレーションセンター」(CLIC)を10月8日に開設した。

 既存の技術検証施設「Solution Competency Center(SLCC)」の機能を拡張し、クラウド環境での検証も可能にした。顧客システムのクラウド環境での稼働・検証環境の提供や、既存システムとの連携を中心としたクラウドのコンサルティングサービス、技術支援を実施する。

 具体的には、外部サービスとのSOA連携システムの構築や、パブリック・クラウドでのアプリケーション提供、情報配信サービス、どこでも仮想・認証サービス、印刷支援サービスなどを揃える。

 「Solution Competency Center」は、レガシーシステムからのコンバージョン検証を始め、「IBM i」のマイグレーション作業、UnixからLinux、Windowsマイグレーションなどが体験できる。5年後までにクラウド関連ビジネスで売り上げ200億円程度を目標に掲げている。