トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は、企業のコラボレーション環境(システム)のセキュリティ対策を支援する「Trend Micro Collaboration Security」を12月18日に発売する。

 新製品は、企業内のコミュニケーションに利用されるインスタントメッセンジャー(IM)やメール、社内ポータルなどのマイクロソフトが提唱するコラボレーション環境全体のセキュリティ対策を強化するためのシステム。

 社内リモート会議やIMのセキュリティ対策を行う新規提供の「IM Security for Microsoft Office Communications Server」と、メール統合環境のセキュリティ対策を行う「InterScan for Microsoft Exchange」、社内ポータルやワークフロー、その他の社内業務システムのセキュリティ対策を行う「PortalProtect」の3製品で構成する。

 既存ユーザーが単体製品を同じアカウント数で利用する場合、本製品を更新価格の半額で購入することが可能。1年間で4.5億円の販売を目指す。