日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)と野村総合研究所(NRI、藤沼彰久会長兼社長)は12月2日、共同でアイデンティティ連携ソリューションを発売した。

 日本HPは、Webシングルサインオン・ソリューション「HP IceWall SSO」を1997年から提供してきた。このソリューションと、NRIが提供するOpenIDをベースとした商用アイデンティティ管理ソリューション「Uni-ID」とが連携することで、セキュリティ性が高くシンプルなID連携を実現する。

 安定した認証基盤の提供と最新のOpenID技術を実装することで、コンシューマ向けサービスや、より高度なセキュリティが要求されるBtoB(SaaS/ASP事業者とサービス利用企業間、グループ企業間などのエンタープライズ領域)でもOpenIDが適用可能になる。企業システムにOpenIDを活用することで、連携先システムの改修の手間をかけずに、低コストで柔軟性と機動性の高いID連携基盤を構築できる。

 また、すでに「HP IceWall SSO」を採用している企業は、「Uni-ID」を追加すれば、これまでのシステム投資を無駄にすることなく、スムーズにID連携環境に移行できる。

グループ企業間連携例