IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、国内Storage as a Service市場の2008年の売上実績と、2009年から2013年までの予測を発表した。2008年の売上高は198億1100万円(前年比4.8%)の成長となった。市場の成長は継続し、2009年は209億4200万円(前年比5.7%増)となる見込み。2008年から2013年までの年平均成長率は6.2%で、2013年の市場規模を268億円と予測している。

 2008年から2009年にかけて、市場の成長を牽引しているのはデータバックアップサービス。ただし、現在順調なのは個人向けバックアップサービスで、企業向けサービスは伸び悩んでいる。

 今後は、ガバナンスとコンプライアンス、リスク管理といった経営課題をきっかけに、市場のさらなる拡大が期待できるという。内部統制整備は、大企業を中心に2009年に初回のシステム監査報告を経験したため、今後は協業先や取引先に広がっていくと分析。中堅・中小(SMB)のデータ保護や事業継続対策に向けた有力なソリューションとして導入が進むとしている。

 現在、複数事業拠点に統合ファイルサーバーを提供し、社内の認証システムと連携するサービスが登場している。プロバイダが提供するAPIが充実し、利用シーンが増えることで、市場は拡大していくとみている。

 調査対象は、「ストレージを販売することなく、その利用だけを提供することで対価を得るサービスビジネス」。主にビジネス用途で提供したストレージ利用から有料サービスとして対価を得るサービスを調査した。(信澤健太)