IDC Japan(竹内正人代表取締役)は1月6日、国内データセンターサービス(顧客企業の情報システムをデータセンターで監視・運用するサービス)の市場予測を発表した。

 08年の同市場は前年比12.5%増の7612億円に達し、今後09年から13年まで年間平均成長率(CAGR)は12.8%とし、13年には1兆3213億円となると予測している。09年の同市場の前年比成長率は、景気後退の影響により7.2%に低下し、市場規模は8158億円となるとみている。

 10年以降は、景気が回復するにつれて国内データセンターサービス市場の前年比成長率は上昇に転じると予測し、13年までの同市場の伸びは比較的高水準で推移する見込み。しかしながら、都市部を中心にデータセンター事業者によるデータセンターの大規模な新設/増設が予定されており、市場では需給の緩みが発生することによる価格低下圧力が強まるものとみている。

国内データセンターサービス市場セグメント別投資額予測(2007年~2013年)