IT調査会社のIDC Japan(IDC、竹内正人代表取締役)は、12月14日、国内産業分野別のIT市場動向で、2009年上半期の実績と2008年~2013年までの予測を発表した。

 調査によると、2009年の国内IT市場規模は前年比7.7%減の11兆8488億円。2008年~2013年の年間平均成長率(CAGR)は-1.1%、2013年のIT市場規模を12兆1559億円と予測した。

 2009年は、ほぼ全産業でマイナス成長を見込む。とくに組立製造業と金融・証券業は落ち込みを大きくみており、組立製造業は2009年前年比-14.6%、金融・証券業は-13.1%とした。

 一方で、医療分野は2012年4月から原則化のレセプトオンライン化対応とそれに伴う医療情報ネットワークの構築などで、2009年も前年比0.5%のプラス成長を維持すると予測した。また、官公庁・地方自治体も、中央官庁の業務/システム最適化プロジェクトなどが進捗することを理由に、前年比0.3%のプラス成長を維持するとみている。

 なお、2010年はIT投資全体の本格回復は見込めないとして、前年比-0.7%とした。

主要産業の2008年~2011年の対前年度成長率