「ITを駆使することで視野がぐ~んと広がるんだよね~」。千葉県とマイクロソフト(樋口泰行社長)が、2月17日に千葉市内で開いたICT(情報通信技術)を活用した「地域活性化協働プログラム」の覚書締結式の冒頭挨拶で、森田健作千葉県知事が両者で取り組み始めるプログラムをこう評して記者会見の席上を沸かせた。

 千葉県は、マイクロソフトがもつIT技術のノウハウを活用し、IT人材育成やシニア向けのICT活用プログラムなどを開始。ICTを活用した地域活性化を目指す。マイクロソフトが都道府県と行う協働プログラムは、2009年に高知、佐賀、鳥取、徳島の各県で実施してきた。2010年に入ってからは千葉県が初となる。

 協働プログラムでは、「IT人材育成支援プログラム」として地域IT産業の雇用創出を目指し、クラウドなど最新技術に対応する企業や人材を育成するセミナーを開くほか、「NPO基盤強化プログラム」として地域でIT課題をサポートし講師となる人材(ITリーダー)を育成する講座を実施する。

 森田知事が注目したのは、「高齢者向けICT活用推進プログラム」。シニアを対象に、初心者向けPC講座、ICT活用の利便性を周知するイベントなどを開く。森田知事は「最近、やっとメールができるようになった。自分の視野がバ~んと広がった」と、自分と同じようにICT活用で世界を広げてほしいと期待を込めた。このほかで、「セキュリティ啓発プログラム」として、地域住民を対象に安全にインターネットを使う基本的なスキル習得のための研修を行う。

 マイクロソフトと千葉県が共同で企画を立案。マイクロソフトが講師・技術者派遣や教材・ソフトウェアの提供などを行い、県が会場の提供や広報活動を担う。実施期間は1年間。県の市原久夫環境生活部長は「今回、マイクロソフトに支援してもらうプログラムは、県行政として欠けていた部分」という。(谷畑良胤)

覚書締結書を手にする千葉県の森田健作知事(右)とマイクロソフトの樋口泰行社長