ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は2月22日、SaaS型セキュリティサービス「Soliton OnDemandシリーズ」が、ASP・SaaS・ICTアウトソーシングアワード2010において「ASP・SaaS部門 支援業務系グランプリ」を受賞したと発表した。

 このアワードは、日本国内で最も優秀かつ社会に有益なASP・SaaS・ICTアウトソーシングを実現しているアプリケーション・コンテンツ提供・その他のオンデマンドサービスなどの、ネットワークを活用したICTサービス全般について表彰するもの。特定非営利活動法人ASPICが運営している。

 「Soliton OnDemandシリーズ」は、PCのセキュリティ管理を実現するSaaS。ソフトウェアのライセンス管理や資産管理、PC操作ログを利用した情報漏えい対策を、設備投資無しに実現できる。今回のアワードでは、社会の情報基盤としての貢献が高く評価され、「ASP・SaaS部門Application分野別 支援業務系グランプリ」を受賞したという。同社では、この受賞を機に、専任の管理者がいない中堅・中小企業でも高いセキュリティを確保し、安心してICTを利用できる環境を支援するため、さらなるサービス内容・技術力の向上を目指す。

 なお、アワード受賞を記念して、「初期費用無料」「1か月目の利用料無料」「1か月単位での契約が可能(通常、最低利用期間は3か月)」のキャンペーンを実施する。