ソリトンシステムズ(ソリトン、鎌田信夫代表)は、統合PC管理ソフト「InfoTrace PLUS」を発売した。10月30日に出荷を始める。

 IT資産管理や操作ログ収集・解析、ユーザー認証、デバイス制御など、複数のセキュリティ機能を備えたオールインワンパッケージ。情報収集と監視機能だけでなく、セキュリティ対策上必要なアクションや、ITコスト把握など、PC管理ソフトに求められる次の策もサポートする。

 ユーザー認証機能を備え、ユーザー(人)を中心に運用ポリシー、セキュリティポリシーを適用できる。これにより、PCを入れ替えた場合または1人で複数のPCを利用していても、ログオン時に、ユーザーポリシーが適用され、使用しているPCを正しく管理・運用できる。

 今後はパッケージとしてだけでなく、クラウド時代に対応したSaaS型サービスでの提供も予定する。また、「InfoTrace PLUS」をさらに便利に使用するために、情報を適切に整理・表示する管理者向け付加機能「Smart View」もリリースする計画。経営者の視点、情報システム部門の管理者・担当者の視点など、IT管理、IT統制に関わるさまざまな関係者の視点に立ってデータを整理し、必要な情報を提供する。

 価格は1万7000円(PC1台あたり)から。初年度で3億円の販売を目指す。