ケイ・ジー・ティー(KGT、加藤浩社長)は、仰星監査法人グループと銀泉リスクソリューションズ(宮武祥夫社長)の協力を得て、リスク可視化ツールと監査法人およびリスクコンサルタントのノウハウをパッケージ化した「内部統制 虎の巻」を発売した。税別価格は9800円。

 「内部統制 虎の巻」は、監査法人、コンサルタントが数年の経験を通して培った内部統制のノウハウをまとめた参考書と、それを実践するためのツールで構成する。内部統制の運用を見直す際や、新たな担当者への教育の場で活用できるという。

 文書化支援ツールとしては、「Microsoft Visio」のアドインソフト「Ci-Tower BPM 北斗バージョン デスクトップ版(お試し版)」を提供。業務フローの作成効率を向上するとともに、業務上に存在するリスクを可視化する。

 内部統制コンテンツでは、仰星監査法人グループが作成した内部統制のメソドロジー集「北斗メソッドスペシャルエディション」を用意した。リスクマネジメントコンテンツとして、銀泉リスクソリューションズが作成した「リスクマネジメント導入編」を提供する。企業におけるリスクマネジメントのファーストステップとして実施するべき各チェックシートとなっている。