ケイ・ジー・ティー(KGT、加藤浩社長)は9月1日、カスペルスキー社製の法人向けセキュリティソフト「Kaspersky Open Space Security」で、SOHO向けパッケージ「Kaspersky Work Space Security」と「Kaspersky Business Space Security」を発売した。両製品ともに5、10、25ユーザー版を用意し、価格はすべてオープン。ソフトバンクBB経由で販売する。

 「Work Space Security」は、総合セキュリティソフト「Anti-Virus for Windows Workstation」や、「Anti-Virus for Linux Workstation」「Kaspersky Administration Kit」などで構成。未知の脅威に対抗するプロアクティブディフェンス、IDS・IPSを含むファイアウォールのほか、システム改ざんの監視とロールバック、フィッシング・迷惑メール対策、システムリソースの最適化などの機能を搭載した。

 「Business Space Security」は、インターネット上の脅威からワークステーションやファイルサーバーを守るためのソリューション。「Anti-Virus for Windows Workstation」「Anti-Virus for Linux Workstation」「Anti-Virus for Windows Server」「Anti-Virus for Linux File Server」「Anti-Virus for Samba Server」「Administration Kit」などを搭載する。

 主な機能として、リモートインストールと管理、Cisco NACのサポートのほか、ネットワーク内のファイルスキャンを最適化するiSwiftテクノロジー、CPUリソースの分散、感染したワークステーションの隔離、システム改ざんの監視とロールバックなどを備える。

 「Kaspersky Work Space Security」「Kaspersky Business Space Security」は、いずれも同梱の管理ツール「Administration Kit」を使用することで、管理者がモートインストールやアップデート、ポリシーの一括設定などの一元管理することができる。