IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、2010年第1四半期(10年1~3月)の国内PC市場出荷実績を発表した。出荷台数は、前年同期比25.7%増の457万台で、とくにビジネス向けが前年同期比35.6%増の264万台と急伸した。

 IDC Japanは、「『スクールニューディール構想』で約51万台の特需があり、教育市場は前年同期比256.7%増の73万台と大幅に伸びた」と説明している。一般企業向けも好調で、前年同期比7.6%増の成長ぶりを示しており、「金融危機のマイナス成長から脱し、回復傾向にある」と分析している。(木村剛士)