大塚製薬(岩本太郎社長)は、医療用医薬品関連の情報活用を促進するため、「iPad」を7月から順次1300台導入し、医薬情報担当者(MR)に配布すると発表した。

 対面での医療関係者向けの製品説明や、MRの自己学習用として「iPad」を活用する。アジア諸国や北米、欧州に点在する社員に向けて、「iPad」に最適化した最新情報を提供する。導入では、ソフトバンクグループと連携する。

 大塚製薬の岩本社長は、「iPad」導入について、「医薬品の情報提供環境が変わるなかで、製薬会社に求められる情報提供の質・スピードへの期待は、以前にも増して高くなっている。適切な情報を即時に正確に提供することは、製薬会社の使命。『iPad』をこの実現のためのツールとして、世界中の患者さんの治療に貢献する適切かつ最新の情報提供・収集に努めていく」」とコメントしている。