Linux技術者の認定機関である特定非営利活動法人のLPI-Japan(成井弦理事長)は、ウェブサイトで無償提供しているLinux関連の解説をまとめた「Linux標準教科書」を、「iPad」に対応させた。無償アプリケーションとして、6月中旬に提供する。LPI-Japanによれば、オープンソース系の学習コンテンツで「iPad」に対応したのは初めて。

 「Linux標準教科書」は、LPI-JapanがLinuxの普及を目的に制作した解説書で、ウェブサイトで無償提供している。高校・大学・専門学校など、多くの教育機関にLinuxを基礎から学習するための教材として利用されているという。2008年9月に提供を始め、10万件ダウンロードされている。

 今回、5月下旬に国内で発売されヒットしている「Pad」向けのアプリケーションを用意することで、Linuxの普及・啓発を促進する。LPI-Japanでは、初年度2万ダウンロードを見込んでいる。