KDDIウェブコミュニケーションズ(山瀬明宏社長)は7月21日、ホスティングブランド「CPI」で、専用レンタルサーバー「マネージドプラン」をリニューアルしたと発表した。

 「マネージドプラン」は、通常、顧客が管理するroot権限を同社が預かり、専用サーバーの運用をすべて同社が行うプラン。サーバー管理者が不要で、同社専任エンジニアがいつでも対応するため、技術者が社内にいないなどの懸念がある企業にも、安心して利用することができる。

 今回、ウェブサイトの構築内容に柔軟に対応するため、CPU・HDD・メモリなどを希望のスペックに応じて選ぶことが可能となった。IPアドレスも最大52個まで申し込み可能など、サイト規模にあわせた拡張性の高いサーバー運用を実現できる。

 オプションには、新たに、高いセキュリティを保持することができる専用ファイアウォールと、比較的低予算で導入できる共用ファイアウォールの2つのファイアウォールを用意した。さらに、今後追加するオプションでは、悪意あるユーザーからの不正侵入を察知し制御するIDS/ADSや、ガンブラーなど悪質なマルウェア対策としてマルウェア診断を追加するなど、セキュリティ面の充実も図っていく。