ダウジャパン(魚軫善代表取締役)は8月30日、クラウド型のプロジェクト管理&コラボレーションツール「Teamoffice」において、勤怠管理を一元管理できる「タイムカード機能」のサービスを開始すると発表した。

 「Teamoffice」は、小規模チームにおける仕事の段取りや各種データをウェブ上で共有することで、生産性向上を図ることができるプロジェクト管理&コラボレーションサービス。今回リリースする「タイムカード機能」は、チームメンバーの「出勤」「退勤」などの時刻のデータを記録・集計することができる機能。

 記録された集計データは、CSVファイルでダウンロードすることができるほか、スマートフォンにも対応しており、外出先でも勤怠状況を簡単に記録・確認することが可能。さらに、「Teamoffice」で勤怠管理を一元管理することで、Excelファイルなど、手作業で行っていた勤怠管理の工数を大幅に削減できる。