NEC(遠藤信博社長)は、統合脅威管理アプライアンスの新製品として「UNIVERGE UnifiedWall 100」「UNIVERGE UnifiedWall 1100」「UNIVERGE UnifiedWall 2100」「UNIVERGE UnifiedWall 4100」の4モデルを9月17日に発売した。11月15日から出荷を開始する。

 「UNIVERGE UnifiedWall」は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(チェック・ポイント、杉山隆弘社長)が提供するネットワークセキュリティソフトウェアと、NECの高信頼なハードウェアを組み合わせたアプライアンス製品。ファイアウォール、ウイルス対策、URLフィルタリングなど複数のセキュリティ機能を備えている。

 今回の新製品では、チェック・ポイントの最新セキュリティソフトウェア「Check Point R71」を搭載。利用するセキュリティ機能を柔軟に拡張できるようにしたほか、ファイアウォールの処理性能を従来機種と比べて最大で2.5倍向上するなどの強化を行った。また、中小規模オフィスへの導入に適したエントリーモデル「UNIVERGE UnifiedWall 100」を新たに用意し、ラインアップを拡充した。

 税別価格は、「UNIVERGE UnifiedWall 100」(スループット0.8Gbps)が69万円、「UNIVERGE UnifiedWall 1100」(スループット2.5Gbps)が162万円、「UNIVERGE UnifiedWall 2100」(スループット3Gbps)が288万円、「UNIVERGE UnifiedWall 4100」(スループット4.5Gbps)が429万円。同社では、新製品を企業や官公庁などに向けて拡販し、「UNIVERGE UnifiedWall」シリーズ全体で、今後3年間で1000台の販売を目指す。