NEC(遠藤信博社長)は、2010年秋、“クラウドコミュニケーター”と表現する端末「Life Touch」を市場に投入する。コンシューマが家庭内でネットワーク経由でアプリケーションを活用することや、特定の業種で社員が業務で使うなどの利用方法がある新しい考え方の端末だ。同社は、この端末の普及にあたって、クラウド・サービスを組み合わせて端末を提供する新しいビジネスモデルを展開する。