総務省や経済産業省が後援する学校教育の活性化を目的とするイベント「New Education Expo(NEE) 2010」(主催:New Education Expo実行委員会)が、9月22日~24日の3日間、東京で開催された。

 NEEは、教育手法の向上や先進的なITの導入などによる教育改善を訴求・提案し、国内の教育レベルの向上を図る目的で開催しているイベント。今年が15回目で、内田洋行や富士通、インテル、マイクロソフト、ソフトバンクBBが特別協賛した。

 今回は、「教育の情報化」や「新学習指導要領」、「サイエンス教育」など、複数のテーマを設け、教育関連の有識者による講演や先進的な教育事例などの紹介を行った。基調講演には、東京工業大学の清水康敬名誉教授や村井純慶應義塾大学環境情報学部長などが登壇。村井学部長は、「グローバル社会における大学の挑戦」をテーマに、約90分間の講演を行った。