イベント企画・運営のリードエグジビションジャパン(石積忠夫社長)は、幕張メッセ(千葉県千葉市)で2010年11月10~12日に「第2回 クラウド コンピューティングEXPO」を開く。今年5月に開催した第1回が予想を大幅に超える盛況ぶりだったことを受け、異例の第2回を開催する。

 「第1回 クラウド コンピューティングEXPO」は、2010年5月12~14日の3日間で開催された。クラウドをテーマにしたイベントは、リードエグジビションジャパンにとって初めて。IT系のイベントは景気後退の影響から、ここ数年来場者と出展企業、ともに集めにくい状況にあるが、同EXPOには1206社の出展企業、12万2371人の来場者が集まった。

 「情報セキュリティEXPO」や「ソフトウェア開発環境展」など、他テーマの展示会との合同開催で、「クラウド コンピューティングEXPO」だけの集客とはいえないが、それでも「クラウド コンピューティングEXPO」がけん引役になったのは間違いなく、異例のヒットとなった。また、参加企業数や来場人数だけでなく、商談件数も多く、同EXPOでの商談件数は約9600件で、この場がきっかけになって、ビジネスが成立した金額は500億円を超えたという。

 島田周平・事務局長は、「ITベンダー(出展企業)とユーザーの情報システム担当者(来場者)が、クラウド関連のシステムやサービスを本格的に販売または購入したいと思っている時期にある」と分析している。

 この成功を受け、今秋11月10~12日に第2回を開催する。今回の開催場所は、千葉県千葉市の「幕張メッセ」。IT系のイベントで同じテーマのイベントを年内に2回開催するのはリードエグジビションにとって初めてのケース。しかも前回は他イベントとの合同開催だったが、今回は単独開催を企画した。

 今回はクラウド関連製品・サービスを「クラウド・ホスティングゾーン」や「情報セキュリティゾーン」「SaaSアプリケーションゾーン」など、いくつかのカテゴリに分けて展示し、来場者が前回よりも分かりやすく、またスムーズに各ブースを見られるようにした。すでに来場の申し込みを開始しているが、「初日には約4000人の登録があった」(島田事務局長)と滑り出しは上々のようだ。異例の大ヒットを飛ばした「クラウド コンピューティングEXPO」。今回は幕張メッセに場所を移し、単独開催という前回よりも大規模な内容になる。景気回復の兆しもみえ、クラウドに対する関心も日増しに高まっている状況だけに、出展企業および来場者の期待も高い。前回以上の盛り上がりは必至だ。(木村剛士)

「第1回クラウド コンピューティングEXPO」の会場風景。通路は歩くこともままならないほど人であふれ返った