NEC(遠藤信博社長)は、クラウドサービスやシステムの品質向上を支援する「性能改善ソリューション」の販売を、2010年11月に開始する。

 「性能改善ソリューション」は、NECのウェブアプリケーションサーバー「WebOTX ApplicationServer V8.3」(WebOTX AS)と、CA Technologiesのアプリケーション性能管理ソフトウェア「CA Introscope 9」を組み合わせたソリューション。

 Java EEアプリケーションで構築されるシステムやクラウドサービスの性能を、アプリケーション内部の処理単位で可視化することができる。CA Introscope 9で可視化した性能情報をもとに、システムの改善点や改善方法などを調査するための「WebOTX性能管理ガイド」を提供する。

 価格は、CA Introscope 9、WebOTX AS V8.3、性能測定テンプレート、性能管理ガイドを含んで320万円から(税別、アプリケーションサーバ1台(1CPU)環境、WebOTX ASで構築したJava EEアプリケーションの性能検証を行う場合の最小構成価格、保守なし)。今後3年間で、300システムの販売を目指す。