エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は、米インテルが提供する次世代コンパイラと分析ツールをバンドルしたパフォーマンス・ツール・スイート「インテル Parallel Studio XE 2011」を発売する。

 インテルのC/C++コンパイラとFortranコンパイラ、パフォーマンス・ライブラリ、エラー検証ツール、パフォーマンス分析ツールをバンドルした統合ツール・スイート。今回の製品では、最新の並列化手法に対応し、次世代プロセッサである「Sandy Bridge」(開発コード名)や「Microsoft Visual Sutdio 2010」(Windows版)をサポートした。

 また、ソフトウェアのセキュリティ問題を効率よく見つけられるスタティック・セキュリティ解析機能を追加したことで、開発者は最新の開発環境で、信頼性のあるアプリケーションを作成できる。シングル・ユーザー・ライセンスの価格は、Windows版が25万5150円、Linux版が30万1350円。