エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は、7月30日、米SmartBearの自動ソフトウェアテストツールの新バージョン「TestComplete 8.0」を、7月27日に発売したと発表した。

 「TestComplete」は、単体/機能/レグレッション/分散/HTTPパフォーマンステストをプロジェクトレベルでサポートする自動ソフトウェアテストツール。開発ツールに依存しないので、C#、Visual C++、Delphi、またはJavaで作成されたアプリケーションに関係なく、どんなアプリケーションでもユーザーのアクションをシミュレートできる。

 新バージョンでは、ユーザー個々の生産性を押し上げるだけでなく、企業レベルの自動化したテストを合理化する新機能を追加。具体的には、テストの記録中と再生実行中にスクリーンショットを自動的に撮る「Test Visualizer」や、データ駆動型テストの作成を自動化する機能を搭載。また、Visual Studio 2010および.NET Framework 4でビルドしたネイティブおよびマネージドアプリケーションの自動テストが実行できるようになった。

 価格は、「TestComplete 8 Standard」の固定ユーザーライセンスが14万7000円、フローティングライセンスが44万1000円、「TestComplete 8 Enterprise」の固定ユーザーライセンスが29万4000円、フローティングライセンスが66万1500円、「TestComplete 8 Universal」の固定ユーザーライセンスが44万1000円。8月31日まで、15%オフの価格で提供する「15%Offキャンペーン」を実施している。