アサヒグループホールディングス(アサヒグループ、泉谷直木社長)と富士通(山本正已社長)は、8月29日、中国の上海、深セン、大連の営業3拠点の営業情報可視化システムをクラウドで構築し、9月に本稼働を開始すると発表した。

 アサヒグループは、1994年に中国でのビール販売事業に本格参入したが、これまで中国の拠点間でのユーザー情報や売上情報の共有・管理などが共通化できていないという課題があった。そのなかで、今回クラウドを活用した営業情報可視化システムの構築を決めた。

 新システムは、セールスフォース・ドットコムが提供するクラウドプラットフォーム「Force.com」を活用し、顧客情報や売り上げなどの情報をクラウド環境で蓄積・共有。情報分析ツールには、SAPの「SAP BusinessObjects BI OnDemand」を採用した。クラウド化で、サーバーやネットワーク機器などのIT資産を新たにもつ必要がなくなり、運用費用を含めてコストを75%削減できるという。(木村剛士)