ブラザー販売(片山俊介社長)は、9月9日、新製品の総合展示会「Brother World JAPAN 2011」を東京国際フォーラムで開催した。家庭向けとオフィス向け複合機・プリンタのほか、モバイルプリンタやラミネートラベルプリンタなどの業務用機器などを、実機を展示しながら紹介した。

 薄型インクジェットプリンタ「MyMio(マイミーオ)」シリーズは、「プリンターに、第3の選択肢。ブラザー。」をキャッチコピーに、従来機比3倍以上の高速プリントを実現した12機種をラインアップ。今秋に11機種を発売し、2012年春に自動両面プリント機能搭載の多機能モデルを発売する予定だ。

 「マイミーオ」は、大幅にスペックアップした新エンジンを搭載(マイミーオフリーを除く)。ノズルを2倍に高密度化した新プリントヘッドの搭載と、用紙の搬送構造の改良によって、A4普通紙で1分間にカラーは約10枚、モノクロは約12枚印刷できる。上位モデルは、シリーズで初めて自動両面プリント機能とCD/DVD/BDレーベルプリント機能を搭載した。こうした性能の向上に加え、全機種にタッチパネル液晶を採用したことなどをアピールした。

「プリンターに、第3の選択肢。ブラザー。」をキャッチコピーに、製品をアピール

 FacebookやEvernote、Picasaなど、クラウドを活用したウェブサービスへの対応も強調。「マイミーオ」でスキャンした書類をクラウド上に直接アップロードしたり、クラウド上にある写真を「マイミーオ」で印刷したりできる。このほか、Googleの「Google Cloud Print」に対応し、外出先からEmailや写真などをプリントアウトできる。

 オフィス向けの複合機・プリンタ「JUSTIO(ジャスティオ)」シリーズは、従来機種比で約2倍以上の高速印刷を実現したA3カラー複合機、ファックスと受話器付きのA4モノクロレーザー複合機2機種と、A4モノクロレーザープリンタのエントリーモデル1機種をラインアップ。10月中旬から下旬にかけて発売する予定だ。(信澤健太)