エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、11月7日、高速なアプリケーションの開発を支援する最新版の「インテル C++/Fortranコンパイラ12.1」が付属した「インテル C++/Fortran Composer XE 2011日本語版」のアップデート版の提供を開始した。

 「インテル C++/Fortran Composer XE 2011日本語版」は、最新のインテルプロセッサ向けの最適化や、マルチコア・プロセッサに対応した並列化をアプリケーションに実装できるコンパイラやライブラリを含んだ製品。インテルMKL(数値演算ライブラリ)、インテルIPP(マルチメディア・ライブラリ)、インテルTBB(並列化用のテンプレート・ライブラリ)の最新版が付属し、インテルMKLやインテルIPPのランタイム・ライブラリのメッセージを日本語化した。「インテル(Visual)Fortran Composer XE」には、インテルMKLのみが付属する。

 とくに、最新版である「インテル C++/Fortranコンパイラ12.1」では、より高速なバイナリを生成できるようになり、OpenMP 3.1に対応した。また、日本語化されたインターフェースは、これからアプリケーションの高速化を検討するユーザーにとって使いやすい。

 シングルユーザーライセンスの価格は、「インテル C++ Composer XE 2011 Windows版 日本語版」が7万9800円、「インテル C++ Composer XE 2011 Linux版 日本語版」が7万9800円、「インテル Visual Fortran Composer XE 2011 Windows版 日本語版」が9万3450円、「インテル Fortran Composer XE 2011 Linux版 日本語版」が12万750円。