日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア(日立INS、露木陽介社長)は、2月14日、クラウド型メール誤送信防止サービス「WISE Attach on Cloud」を発売した。

 同社が販売しているメール誤送信防止ソリューション「WISE Attach」を、クラウド型ICT基盤「SecureOnline」上で提供するサービス。ユーザーが送信したメールを一定時間保留し、保留時間内に配送キャンセルを実現することで、メールの誤送信を防止する。あわせて、同報メールのうち社外宛など条件に合致するメールのみを保留する「時間差送信機能」、万一の誤送信の際に情報漏えいを防ぐ「添付ファイル自動暗号化機能」「メール本文自動暗号化機能」を提供する。

 最小100ユーザーから申し込みできる。参考価格は、2000ユーザーの場合、1ユーザーあたり月額157円。別途初期導入費52万2900円が必要となる。日立INSは、初年度20社、販売開始後3年間で累計100社への販売を目指す。