日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)と日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア(日立INS、露木陽介社長)は、日立INSの音声検索ソリューション「Voice Searcher」と、日立システムの「画像検索ソリューション」および全文検索ソリューション「InWeave Search」を連携した次世代検索ソリューション「ハイブリッド検索ソリューション」を7月1日に発売する。

 「ハイブリッド検索ソリューション」は、映像などの動画ファイルから、数秒で音声・画像・テキストの検索できる検索ソリューション。音声や画像、動画コンテンツの特徴量を自動生成し、それを用いて検索を行うため、事前のキーワード(属性情報)付与作業を行わなくても検索を行うことができる。この際、音声コンテンツに対してはテキストが、画像、動画コンテンツに対しては画像が検索キーとなる。

 音素の記号列と音声特徴量による検索方式を組み合わせ、多段階の照合を行うことによって、2000時間分のデータから約3秒という速さで、精度の高い検索結果を導き出す。ユーザーは、テキスト検索と同じ感覚で、任意の文字列をキーワードとして、音声データと音声付き映像データの発話シーンを検索できる。

 また、数万件の画像データから約1秒で類似した画像を検索可能。画像データから画像特徴量を自動生成し、画像特徴量を基に類似検索する。形重視や色重視を指定して、類似した画像を検索することもできる。このほか、n-gram方式を採用した検索漏れがない全文検索エンジンによって、1000万件のデータを約0.1秒で検索できる。

 両社では今後、「ハイブリッド検索ソリューション」を幅広い業種に向けて展開し、今後3年間で約20億円の販売を目標としている。