ネットスター(小河原昇社長)は、iOS搭載スマートデバイス向けのクラウド型セキュリティサービスとして、URLフィルタリングやMDM(モバイル端末管理)など、端末の一括管理ができる「NetSTAR ビジネススマートセキュリティ」を、3月1日に発売する。

 URLフィルタリングをはじめ、MDM、VPN、ファイアウォール、プロファイル監視、アプリケーション制御といった機能を備える。専用アプリケーションのインストールが不要なので導入期間が短く、コスト削減につながる。

 税抜き利用料金は、初期費用が10万円、1デバイスあたりの月額料金が500円から。今後、Android OSへの対応も予定している。(ゼンフ ミシャ)