総務省は、6月13日、自らの事業を検証する「行政事業レビュー(省版事業仕分け)」を開き、学校のIT化を促進する「フューチャースクール推進事業」を「廃止」と判定した。

 フューチャースクール推進事業は、タブレット端末や電子黒板などの先進IT機器を活用して教育環境をIT化し、学力向上を図ることを目的に、2010~13年度の4か年計画で進める予定だった。予算額は10年度が10億100万円(執行額は6億1300万円)、11年度が10億6500万円(8億9500万円)で、今年度は11億円の予定だった。

 13日の行政事業レビューのレビューシートでは、「ICTをどのように利用していくかという中身は、文部科学省が主導的な役割を果たしながら進めていくべきこと。総務省が実施すると、ハードを整備することが優先されてしまう」などとしている。(木村剛士)