ダイワボウ情報システム(野上義博社長)は、IT機器の総合展示会「DISわぁるどin北海道」を、札幌コンベンションセンターで7月25~26日の2日間にわたって開催する。出展社数91社、約200ブースの規模で、地域最大級のIT関連展示会となる。

 国内外の有力ITベンダーが集結するだけでなく、地元販売店も出展しており、地域の特性を生かすイベントとなっている。ウルトラブックや、事業継続計画(BCP)対策製品、教育機関向けの製品・サービスなどを展示するブースが設けられるほか、教育用タブレット端末やデジタル教科書・教材を体感できる模擬教室型セミナーも開催する。

 基調講演には、東京大学の伊藤元重教授をはじめ、ITジャーナリストの林信行氏や日本マイクロソフトの樋口泰行社長、北海道大学大学院工学研究科・工学部応用物理学量子物理工学の丹田聡教授などが登壇する。「Windows Server 2012」「スマートフォンセキュリティ」「OpenFlow」「サイバー攻撃」などを題材にしたセミナーも予定している。

 「DISわぁるど」は、出展メーカーと、販売店やユーザー企業の橋渡しを行い、地域に根づいた製品・サービスを提供できるようにすることを狙いとしている。

開催日:7月25日(水)~26日(木)
開催時間:10:00~18:00(26日は17:00まで)
会場:札幌コンベンションセンター 札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1
入場料:無料(事前登録制)
テーマ:「ITサッポライズ」



※7月25日分は終了しました。