成長・挑戦

野上義博 社長
 東日本大震災で被災された皆様に、改めまして心よりお見舞いを申し上げます。復興・復旧に向けて、引き続き全社を挙げて全力を尽くしてまいります。

 2011年は、東日本大震災発生後に復興に向けての需要はあったが、リーマン・ショック以降の景気低迷がそのまま続いた1年だった。加えて、タイの洪水による製品供給への影響や企業の投資意欲の冷え込みなどが、IT業界にも大きな影響を及ぼした。大きな成長を望めないなかでは、価格の叩き合いをやめ、企業の役割の明確化、得意分野を生かして互いに成長することが重要だ。2011年はそれらの一部を具現化できた。

 クラウド化の広がりやスマートフォンの爆発的な普及など、従来とは違う局面に入り、新しい市場が急成長している。2012年は、より速いスピードで市場が変化し、複雑化していくだろうが、その変化に果敢に挑戦し続けることが次の成長につながることになる。

 当社は2012年4月に創立30年を迎える。これも創業以来、ご支援・ご鞭撻を賜わった多くのお取引先様のおかげだと深く感謝しております。創立30年を通過点として、これからも「顧客第一主義・地域密着」を基本に、社員一人ひとりが市場やユーザーの変化を敏感に感じ取ることができる能力を育成し、新しい市場に挑戦する。成長を続け、今以上に皆様に評価される企業として存在価値を高めていきたい。