ソフト開発のミックスネットワーク(吉川隆二社長)は、中小規模ウェブサイト構築・運営向けのクラウド型コンテンツマネジメントシステム(CMS)「PUBLIS Cloud Platform(PCP)」のサービスを8月30日に開始する。

 「PCP」は、ミックスネットワークが開発している高機能CMS「SITE PUBLIS」シリーズのクラウド版サービス。ブロック部品を組み合わせてウェブサイトの編集を行う「ブロック方式」を採用し、スマートフォンやタブレット、パソコンなど、さまざまなデバイスにコンテンツを配信することを前提に設計されている。

ウェブサイトの画面をブロック単位で管理し、コンテンツをさまざまなデバイスに最適化する機能を備える

 ライセンス費用は月額9800円(税別)からで、発売キャンペーン期間中は通常2万9800円の初期費用が無料になるなどの特典を用意している。ミックスネットワークは、中小規模の企業ユーザーや小売店舗などをターゲットに、「PCP」関連事業で初年度2億円の売り上げを目指す。