日立製作所(中西宏明社長)は、エンタープライズストレージで培った機能を搭載したユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage VM」を、9月26日に発売した。

 エンタープライズディスクアレイ「Hitachi Virtual Storage Platform」で活用されているストレージデバイス仮想化機能「Hitachi Universal Volume Manager」とリモートコピー機能「Hitachi Universal Replicator」をミッドレンジストレージのハードウェアに搭載し、コストを抑えつつ高い運用性や信頼性の高いデータ保護を実現するユニファイドストレージ。従来のミッドレンジストレージの上位に位置づけられる。

 ストレージデバイス仮想化機能「Hitachi Universal Volume Manager」を搭載することによって、機種の異なるストレージ装置のボリュームを1台の「Hitachi Unified Storage VM」のボリュームとして最大64PBまで一元管理でき、大規模システムへの対応と運用管理にかかる負担を軽減する。

 また、リモートコピー機能「Hitachi Universal Replicator」では、ストレージシステム間でのデータ複製をサーバーによるデータ更新と非同期で行うことで、距離の離れた遠隔サイトであってもサーバーの業務処理に影響を与えずにデータを複製できる。さらに、データ更新を更新順序も含めてストレージ装置内のジャーナル(変更履歴)ファイルに記録して遠隔サイトに転送するので、回線帯域の変動影響を受けにくく、データ更新順序を更新単位で保障した信頼性の高いデータ複製ができる。

 価格は、2902万2000円から。導入サービス費用など初期費用は別途必要となる。