産業見本市を企画・運営するリードエグジビションジャパン(石積忠夫社長)は、10月24~26日の3日間にわたってIT関連専門展示会「Japan IT Week 2012秋」を幕張メッセで開催する。6種類の展示会を同時開催するかたちで、前回よりも規模を拡大している。

 今回は、クラウド関連の製品を披露する「クラウドコンピューティングEXPO」をはじめ、情報漏えい対策から認証取得支援サービスまでを網羅する「情報セキュリティEXPO」、スマートフォンやタブレット端末などの製品・サービスを揃える「スマートフォン&モバイルEXPO」、ウェブマーケティングのツールやサービスに焦点を当てる「Web&モバイルマーケティングEXPO」の4種類を開催するほか、「2012春」に好評だった、データセンター関連の製品・サービスを展示する「データセンター構築運用展」を追加した。さらに、話題のビッグデータ関連の製品・サービスを具現化する「ビッグデータ&データマネジメント展」を新規に開催する。

 出展企業への商談の場を支援することを目的として揚げており、ユーザー企業のニーズに合致する出展企業との商談を調整する制度「事前アポイントシステム」を設けている。この制度に加えて、春に引き続き「プロジェクト責任者ご招待」(150組限定)も実施する。

開催日:2012年10月24日(水)~26日(金)
会場:幕張メッセ
開催展示会:「第3回 クラウドコンピューティングEXPO 秋」「第2回 情報セキュリティEXPO 秋」「第2回 スマートフォン&モバイルEXPO 秋」「第2回 Web&モバイルマーケティングEXPO 秋」「第1回 データセンター構築運用展 秋」「第1回 ビッグデータ&データマネジメント展」