マウスコンピューター(小松永門社長)は、20型ワイド液晶ディスプレイ「ProLite E2080HSD」を11月19日に発売する。

ProLite E2080HSD

 ホワイトLEDバックライトを搭載し、通常パネルに比べて消費電力を約36%低減。有毒物質である水銀を使用せず、廃棄時の環境負荷を低減している。省エネ・節電機能では、Ecoモードで通常モードから消費電力を最大約35%削減し、年間CO2排出量は最大8%の削減できる。

 きょう体は電源内蔵で、最薄部は18mm、重量が3.2kg。倒れにくい安定スタンドを採用。メニューボタンには、ミスタッチを防ぐプッシュ式ボタンを採用した。

 液晶パネルは、解像度1600×900ピクセルのHD+表示に対応し、ACR機能によってコントラスト比を500万:1まで改善可能にした。入力系統は、HDCP機能付DVI-D端子×1、D-Subミニ15ピン×1の2系統入力を備える。カラーはマーベルブラック。価格はオープンで、参考価格(直営楽天サイト)は1万2800円。